« ラーメン二郎 鶴見店 (11/12/11) (移転閉店) | トップページ | ラーメン二郎 桜台駅前店 (11/12/15) »

2011年12月13日 (火)

麺屋 桐龍 (11/12/13)

2011121302

東川口に気になる店ができたらしいのでチャリで行ってみた。
ポタリングにちょうど良い距離。

 

見沼代用水のヘルシーロードを走り通船堀まで行かずに
川口自然公園のところから街中に入り地図を頼りに走行。
追い風にも助けられ20km弱を1時間ちょっと着き
11時55分に到着、行列はない。

2011121304

店内は逆L字型に手前4席、縦に6席の計10席。
昼だというのに先客4名で食べているのは2人だけ。
小らーめん(650円)の食券を購入し着席。

店主は若いイケメンで1人で調理している。
どこかで見たことあるかな?初めて見る顔かな?
(食べてる間に女性の助手(奥さん?)が厨房に入ってきた)

店内通路に雑然とカネシの緑ラベルのポリタンクと
カネシのみりん風調味料が置かれている。

麺は新代田みたいに中華鍋で茹でている。
ただし、向きは壁向き。
着席9分後にできあがりでトッピングはヤサイニンニク。

2011121301

見た目はまんま二郎。
めじろ台や陸と同じくらいの大きめ丼なので見た目より量はある。

オーションらしい麺は今の神保町くらいの細さで
かんすい少なめでボソボソしていてかなり硬め。
スープはコクがなく薄くて水っぽい。
このボソ麺にこの薄いスープは合わないような気がする。

アブラは少なくタレは甘味が少なくてかなり弱め。
ヤサイはややシャキで多め。

ブタはうでとバラが1枚ずつ、厚みがある。
肉の味は悪くないがややバサついた感じで歯ざわりはやや硬め。

2011121303

12時を回ると客が5人ほど立て続けに入ってきたが
入れ替わりで出た客がいるので満席にはならない。
その後は後続客も来なくて全員に提供が終わると調理が止まり
中華鍋の茹で湯を捨てて替えている状態。

スープの薄さは客の数に比例しているのかなあ。
インスパイアとしてはなかなかだが、やはり二郎とは何かが違う。
(一部の底辺二郎よりは美味しいが)
これだけのものが出せるなら直系修行して二郎を出せば
常時満席は間違いないのにちょっと残念。

勇花が閉店し富士丸北浦和も道路拡張により閉店になる中、
本格的なインスパイア登場なので頑張って欲しいが
場所的にマニア巡礼や一見客が一段落したらどうなるか心配。

スーパーの建物の外に面したテナントでスーパーの駐車場が
使える利点はあるがその分家賃が高そうだし
所得税や事業税、3年後の消費税の納税を考えると
この金額で今のサービス盛りを続けるのは厳しいように思う。

それにしても宣伝のつもりなのかわからないが
これ見よがしにカネシのタンクを並べてるのはなんだかなあ。
モッコリ豚がやっぱり同じように目立つところに並べてたっけ。

まあ、カネシは販売元で製造元は別だし
二郎はカネシからの仕入れではなくなったから
カネシだから並べてるというわけではないんだろうと思うが。

|

« ラーメン二郎 鶴見店 (11/12/11) (移転閉店) | トップページ | ラーメン二郎 桜台駅前店 (11/12/15) »

00ラーメン二郎」カテゴリの記事

98二郎インスパイア」カテゴリの記事

ラーメン」カテゴリの記事

コメント

コメントありがとうございます。
今年は直系を片付けるので精一杯でしたので
行く機会がありませんでしたが
今度行ってみたいと思います。

投稿: Take4 | 2011年12月22日 (木) 10時33分

インスパイア系で思い出しましたが、南越谷にも二郎系のお店があり、以前行ってみたのですが、TAKE4さん行ったことがありますか?

投稿: | 2011年12月22日 (木) 02時41分

この記事へのコメントは終了しました。

« ラーメン二郎 鶴見店 (11/12/11) (移転閉店) | トップページ | ラーメン二郎 桜台駅前店 (11/12/15) »