カテゴリー「16高田馬場店」の9件の記事

2012年2月 7日 (火)

ラーメン二郎 高田馬場店 (12/2/7) (閉店)

2012020702

午前中渋谷で打合せがあり帰りに高田馬場店へ。

続きを読む "ラーメン二郎 高田馬場店 (12/2/7) (閉店)"

| | コメント (0)

2011年3月29日 (火)

ラーメン二郎 高田馬場店 (11/3/29) (閉店)

2011032901

午後から直行の仕事なので高田馬場で早めの昼食。

続きを読む "ラーメン二郎 高田馬場店 (11/3/29) (閉店)"

| | コメント (2)

2010年1月15日 (金)

ラーメン二郎 高田馬場店 (10/1/15) (閉店)

2010011501

今週は月曜と明日が出勤で代わりに今日が休み。
先週のリベンジで昼に馬場へ出かけた。

続きを読む "ラーメン二郎 高田馬場店 (10/1/15) (閉店)"

| | コメント (0)

2009年12月14日 (月)

ラーメン二郎 高田馬場店 (09/12/14) (閉店)

2009121401

昨夜はライブがあったので今日は休暇をもらって宿泊。
帰りに現在昼営業のみで行きにくくなっていて
さらに来年から移転ということで高田馬場店へ。

続きを読む "ラーメン二郎 高田馬場店 (09/12/14) (閉店)"

| | コメント (0)

2009年2月13日 (金)

ラーメン二郎 高田馬場店 (09/2/13) (閉店)

2009021301 今日は高田馬場店へ。

続きを読む "ラーメン二郎 高田馬場店 (09/2/13) (閉店)"

| | コメント (0)

2008年2月 8日 (金)

ラーメン二郎 高田馬場店 (08/2/8) (閉店)

2008020801 馬場二郎に改装後初訪問。到着時外5人待ち。券売機が入口のところに横向きに置かれている。

今日の席は改装された奥の部屋。壁に向かって背中合わせに着席するカウンターができていて厨房脇のところに水汲み用の水道が設置されていた。

注文はラーメンでトッピングはヤサイニンニクアブラカラメ(Take4初の全増し、ただし唐辛子以外)

麺はいつものようにTake4好みの麺でブタは初めて崩れの少ないブタに当たったが味は薄め。今日はカラメにしたがTake4的にはデフォで大丈夫だったかも。

何故かいつも馬場では撃沈寸前になってしまうので次回はデフォにしよう。

2008020802

| | コメント (0)

2007年5月25日 (金)

ラーメン二郎 高田馬場店 (07/5/25) (閉店)

2007052501 今日はラーメン二郎 高田馬場店。到着時、外2番目の位置ですぐ階段下に移動させられた。注文はラーメンでトッピングはヤサイニンニク

西寄りでも東寄りでもなく本店系でもないスープで麺は普通。ブタはここの名物の崩しブタ。ネット上ではあれこれ言われているが、Take4的には平均的な二郎という感じがした。

立ち食いソバ屋のように狭いカウンターと頻繁な客の誘導のせいで、急かされている感じがしてどうも落ち着かない。以前はトイレだったと思われる場所ではあるが前回食べた奥のテーブル席のほうが落ち着けた。

2007052502

| | コメント (0)

2006年10月25日 (水)

ラーメン二郎 高田馬場店 (06/10/25) (閉店)

2006102501 「晩飯なし」の指令が出た。子供が創立記念日なので某テーマパークに遊びに行くという。喜んで公認二郎。

急激な冷え込みで風邪をひきかけており食欲が落ちていて不安ではあったが、ほとんど忘却の彼方になっている高田馬場に行くことにした。

到着時の外待ちは9人。回転はよく20分待ちで食べられた。今日は奥のテーブル席になったが、食べ始めたら汁ハネを気にすることもなく、意外と落ち付いて食べられた。

(ラーメン ヤサイニンニク少し)

スープはとてもこくがあり、麺はどっしり硬め、カネシは甘辛だが濃すぎずちょうどいい。ブタは崩しブタだが、味がしみてて食べやすい。見た目の量に対して腹いっぱいになるが、これは麺の密度が高いからだろう。

前回は待っている間に身体の芯まで冷えきってしまって味どころではなかったのだが、改めて食べて非常にバランスがいい二郎だということがわかった。家二郎でこんな麺を作るのが目標である。

| | コメント (0)

2006年1月20日 (金)

ラーメン二郎 高田馬場店 (06/1/20) (閉店)

今日は金曜日。

テレビの影響で行列が長くなっている高田馬場へ。これから先は入試や入学で地方からの上京の一見客で混むだろうし、今の時期なら学生は試験時期で夜まで遊んでいないだろうという勝手な推測での馬場行きw

(小ラーメン ヤサイニンニクアブラ)

一番左端の席で、左側のカーテンのかかっている開いた窓と入口からの寒さのダブルパンチと湯きりの湯が飛んでくるのは閉口もんだが食券販売機前にもかかわらず端の席だったので割と落ち着いて食することができた。

なるほど、ウーン・・・   これが馬場二郎というヤツですな。
思ったより量が多くて初めて途中で満腹感で箸のスピードが落ちた。
ヤサイトッピングしなければよかった  orz

これで通勤ルートで残る直系店は三田だけになったが、営業時間の問題が・・・

| | コメント (0)